WEBブラウザを選ぶ条件

WEBデザイナーの一般的な仕事の流れ インターネットでWEBブラウザを使う場合に、色々なブラウザがありますし、人によって好みも違いますが、色々なブラウザを使ってみると、最終的にひとつのブラウザを使っているということになり、そのブラウザがメインになります。その条件は人により色々ですが、最終的には使いやすさということになります。世界的に有名なOSに付属しているブラウザは、使い勝手が悪く重いということが欠点でした。それで、非力なパソコンだと動きが遅くて困ったということがありました。今はそんなこともないのですが、昔はよくありました。その感覚が残っているので、今でもできるだけ操作性の良い軽いブラウザを選びます。インターネット自体が軽さや早さを追求していますので、そのインターネットの主力アイテムとしては、やはり軽さや早さは必要になります。

ブラウザの性能としては、今はどのブラウザでもほとんど変わりませんが、その中でも軽く早く使えるブラウザを選びます。もうひとつはセキュリティ対策に強いブラウザです。サイバー攻撃やウイルスなどでは、サイトを閲覧するだけでウイルスに取りつかれて侵入されてしまう場合もあります。ブラウザによっては、それが簡単に行われるものと難しいものがあります。その点もブラウザを選ぶ場合には重要な点です。昨日の追加がしやすいブラウザではセキュリティ対策の機能も追加しやすいので、それができるブラウザを選ぶという方法もあります。
Copyright (C)2019WEBデザイナーの一般的な仕事の流れ.All rights reserved.