インターネットとWEBブラウザの特徴

WEBデザイナーの一般的な仕事の流れ インターネットを利用してWEBブラウザを使う場合に、初心者の場合には、そのままパソコンのOSに付属しているWEBブラウザを利用する場合が多くなります。そうなるとブラウザもそれだけしか知らないので、替えて大丈夫なのかというほどに基本的な知識が得られていない状態になります。他のブラウザを一緒には使えないと考えていたり、ダウンロードすると調子がおかしくなるかもしれないと心配になったりします。とくに機械が苦手な場合には、そのまま使っていれば無難なので、ブラウザもそのままにしておこうとなります。それでインターネットを長く使用していてもブラウザを替えることが出来ることを知らない人もいます。これはウイルス対策ソフトの必要性などの知識とも同じで、初歩的な知識もない状態でインターネットを使っていたりします。

それでも本人が快適に使っていれば、ブラウザを替えなくても良いのですが、色々なブラウザを使いだすと、こんなに違っていたのかということがわかり、自分の好きなブラウザを選んで使うようになります。有名なOSに付属しているブラウザの難点は、非常に保守的だったということで結局はシェアを落としてきたのではないかということになります。例えばタブで操作できると非常に便利ですが、それを実装したのがとても遅れました。そのほか動作の重さなどもあり、シェアが大きいので安心しきっていたということの結果でもあります。ブラウザはいろいろと替えてみると面白いです。

PR情報

Copyright (C)2019WEBデザイナーの一般的な仕事の流れ.All rights reserved.