WEBサービスとブラウザとOS

WEBデザイナーの一般的な仕事の流れ インターネットを利用するにはOSが必要になり、そしてブラウザを利用して色々なサイトを見ることで情報を得ることができます。OSやブラウザも最初から快適に利用できるようになっていますし、無いとインターネットが利用できないので、あまり選択の余地がなく、あてがわれているという感じのWEBサービスになります。OSの場合にはサービスというよりも有料サービスですので、高額の料金を支払って強制的に購入しているような感じもします。非常にうまいビジネスの方法でした。しかし、長い間使っていると鼻につくというか、もっと他の便利なOSが生まれなかったのか残念に感じたりします。ブラウザなどは選べますがOSではふたつぐらいしか主要なOSがないということもあります。

OSもいくつか生まれましたが、結局消えていくという感じです。普通のソフトと違い根幹になるシステムなので仕方がないということもありますが、もう少し自由だとエンターテイメントとしても楽しめた可能性がありました。ブラウザの場合には、その枠から離れていて、好きなブラウザを選ぶことができるので便利ですが、機能ばかりではなくデザインもスキンなどが色々あり、楽しみながらカスタマイズして利用できるので、本来のインターネットの自由さを満喫できます。色々なブラウザを使ってみると面白いです。
Copyright (C)2019WEBデザイナーの一般的な仕事の流れ.All rights reserved.